アーカイブ

風見鶏のタトゥー 千葉TATTOO

IMG_0297

風見鶏のタトゥー  ニュースクールタトウ―のジャンル

『カラーワークの作品をもっと見る』

ヨーロッパで鶏は朝を告げる鳥であり、いつも目覚めて注意していることから、雄鶏は用心深さや警戒心を象徴していると考えられてきた。特に雄鶏の鳴き声は悪魔を寄せ付けないと言われおり、魔よけの役割を果たしていると信じられた。宗教ではキリストの弟子ペテロがキリストを三度否認した時に鶏が鳴いたという逸話から「罪への警告の象徴」として教会に飾られたと言われる。風見鶏は風に象徴される聖霊の動きに常に敏感。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

 

 

シェイクハンドのタトゥー

IMG_E1511

シェイクハンドタトゥー  オールドスクールタトゥーのジャンル

『アメリカントラディショナルタトゥーの作品をもっと見る』

シェイクハンドは友情や信頼を表す図柄。古くからオールドスクールタトゥーの王道のモチーフとして愛され続ける。そのシェイクハンドを人と猫で握手させ、共存することを約束。オールドスクールとはアメリカの水夫(船乗り)の間で大流行したタトゥースタイルで伝統的なタトゥーとして昔から継承されており、そのデザインは現代でも非常に高い人気を誇る。アメリカントラデショナルタトゥーとも呼び、日本でいう伝統的な和彫りの欧米バージョン。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

ライオンに王冠のタトゥー   千葉TATTOO

IMG_3309

百獣の王ライオンに王冠  ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

『ブラックワークの作品をもっと見る』

百獣の王ライオンは地球上、最も強い動物。向かうところ敵なしで天敵は人間のみと言われ、勇猛さや権力を象徴するライオンは王家の紋章や国旗などに多く使用される。ライオンが象徴する意味は、正義、気品、権力、勇敢など。古来より選ばれし者だけが被ることを許された王冠(クラウン)と組み合わせることで絶対的な権力の証に。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

 

だるま弁慶の入れ墨  千葉TATTOO

IMG_0948

だるま弁慶のイレズミ  和彫りのジャンル

『和彫りの作品はこちら』

弁慶とは源義経の家来の武蔵坊弁慶のこと。弁慶は衣川の合戦で義経を守るため、薙刀(なぎなた)を持ち、川の橋の中央に立った。敵の猛攻撃を全身で受けた弁慶はその場で立ったまま死んだという伝説がある。その姿を『転んでも起き上がるだるま』に見立てた。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

イーグルのTATTOO   千葉TATTOO

IVXP7901

イーグル(鷲)のTATTOO  ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

『ブラックワークの作品はこちら』

大きな翼で空を飛ぶ姿が、堂々と勇ましく、広大な空をノビノビと滑空している様子は自由で力強く勇気の象徴とされる。今でもインディアンなどの民族はイーグルを神に近い存在、神の使いとして崇められるため、アメリカにおいては愛国心を示すモチーフとなっている。歴史的に見ても名誉、権力、武力、プライド、愛国心、遠眼など力強く、勇ましいイメージばかり。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

六芒星のTATTOO   千葉TATTOO

IMG_1212

六芒星のタトゥー  英語でヘキサグラム(hexagram)

六芒星はユダヤ教がルーツとされ、17世紀以降、ユダヤ人を表すマークとして古代より魔除けとして使われた。六芒星は五芒星と同様に一筆書きができ、線に切れ目がないので悪霊を結界のなかに閉じ込めたり、逆に結界のなかに悪霊が入らないようにできる。日本における六芒星、(籠目紋と呼ばれる)は天地や陰陽を表し、古来より陰陽道と深い関わりのあるマークとして、陰陽師などが使用していた。六芒星の星が連なったように見える竹で編んだ籠を「目籠」といい、六芒星と同じくこの目籠にはたくさんの目があり、悪霊や鬼はたくさんの目を怖がって逃げていくことから魔除けに使われた。護符として自分自身を魔から守ってくれるお守りのような役割も持つ。ユダヤの世界だけでなく、古代世界では多くの人々を魅了したシンボルマークといえる。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』

般若の入れ墨     千葉TATTOO

IMG_0745

般若のイレズミ    和彫りのジャンル

もともと般若とは、仏教において悟りで得た智慧のこと。般若心経や般若波羅密などの言葉に用いられる仏教用語。『般若面』という名前の由来は諸説あるが般若坊という僧侶が作った説、もうひとつは源氏物語の葵の上が六条御息所への嫉妬心に悩み、その生怨霊に取り憑かれた時、般若心経を読んで御修法を行い怨霊を退治したことから般若が『面』の名前になったともいわれる。刺青でいう『般若』とは能楽で使われる『恨みや嫉妬に狂った鬼のような形相をした鬼女』のこと。能の世界では、狂気をまとった恐ろしい女性を般若の面を着けて演じられている。般若の面は赤、白、黒の三つがあり、赤が最も強い怒りを表し、白は表情が柔らかく最も上品、黒は下品な鬼婆。般若面は2つの表情があり、上部分は苦しみや悲しみの表情、下の部分は怒りを表す。地域によって般若面は邪気を追い払う厄除けにも使われたり、今の心境や喜怒哀楽を素直に表す鏡の面ともいわれ、TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『和彫りの作品はこちら』

生首のイレズミ   千葉TATTOO

ETVC7744

生首のイレズミ   和彫りのジャンル

戦国の世、武将は戦で敵を討ち取った後、手柄にするため首を切り、武功を立てた証拠とした。首を切るのは息の根を止めてから掻き切るのが作法。帰りの道中、何人もの首が重たい時は鼻や耳をそぎ、それを数として首は捨てた。大物の敵将の首は恩賞が高く、夏場や戦地が遠方であれば腐らぬ様、塩漬けにして本拠地まで持ち帰った。手柄にならない首は戦場の片隅に積み上げられ、いくつもの首は後に埋めて首塚となり、お坊さんを呼び埋葬し沈めた。敵と言えども 死後は丁寧に弔い供養するのが武士の作法であった。無念の表情、そんな生首の入れ墨は魔除けの意味として後に広まっていく。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『和彫りの作品はこちら』

ミミズクのTATTOO 千葉TATTOO

FBFBA89F-0494-4BD7-B711-D2788BB7B3EE

ミミズクのTATTOO   ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

ミミズクは羽角がある以外はフクロウ科と同じ。夜行性の鳥とあってヨーロッパの一部の国では盗賊等と呼ばれる。アステカでは絵文書の多くに地獄の神の象徴とされ、インディアン諸族およびインカの間でも死神、墓場の番人などダークなイメージ。ラテン語では美女と吉兆を表す形容詞で月の光とともにある猛食類として、鷹の眼(太陽の光=直感的意識)と対称になる理性的認識のシンボルとなるなど各諸国によって意味は異なる。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』

美女にマネーローズ   千葉TATTOO

IMG_1187

美女にマネーローズ  チカーノタトゥーのジャンル

チカーノタトゥーとは1920年頃のギャングから始まりとされる。チカーノとは、メキシコ系アメリカ人のことを指し、女性はチカーナと呼ばれる。もとは差別用語として用いられてきたが、差別の逆境に打ち勝つため、自分達らしさを示す言葉に変容していき、今では独自の文化を築きあげている。60年代のアメリカの刑務所内で親しまれていた壁画やタトゥーなどが芸術として大きな発展を遂げたことで政治的なシンボルに加え、マリアや合掌、十字架などの宗教的なシンボル、そして貧困、刑務所、家族への愛などをモチーフに今ではプリズンタトゥーとして世界に定着した。マネーローズ(Money Rose)とはドル札のバラ。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』

ミミズクのTATTOO 千葉TATTOO

IMG_1159

ミミズクのTATTOO   ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

半翅目同翅亜目ヨコバイ科ミミズク亜科。体長は雄14ミリ、雌は18ミリ程。全体は暗褐色ないし赤褐色で樹皮に似る。頭部は扁平で幅広く前方に突出している。複眼は後側方にあり小さいが突出する。前胸背は大きくその後部に1対の耳状突起があり、雄では小さく上方に突出するが雌では大きく前上方に向くことがある。小楯板 (しょうじゅんばん) は平たく、翅鞘は半透明。後肢脛節は扁平で外縁に鋸歯がある。クヌギやナラなどにつくがその数は多くない。日本、朝鮮半島、台湾、中国に分布する。暗闇でも目が効く。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』

 

レタリングタトゥー  千葉TATTOO

52115527_2055192567927274_5685774759820787712_n

Lettering Tattoo Chicano!! チカーノタトゥーのジャンル

『FREEDOM』の英文字でレタリングタトゥー。英語で「自由」という意味。 周囲から束縛されずに言論、表現、思想などを表明できること。痛みや苦しみ、差別、飢餓などから解放された状態のことを言う。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『レタリングタトゥーの作品はこちら』

 

 

ウォーボンネットガール其のニ 千葉TATTOO

IMG_3150

ウォーボンネットガール  ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

ウォーボンネット(War bonnet)とは、インディアン(ネイティブアメリカン)が被っている帽子。一般的にインディアンが被っている帽子で羽根冠のこと。 スー族、シャイアン族、クロウ族などの部族の酋長やいくさの実力者が被ることを許されていた。 彼等は勇敢さを何よりも重んじていて、敵を殺すより、遥かに勇気を必要とする大胆な離れ技を成し遂げないと勲章を手に入れる事は出来なかった。戦いの帽子と呼ばれるウォーボンネットは、勇敢さを羽根で飾り、その勲章をたたえるものだった。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』

ウォーボンネットガール 千葉TATTOO

IMG_0457

ウォーボンネットガール   ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

ウォーボンネット(War bonnet)とは、インディアン(ネイティブアメリカン)が被っている帽子。一般的にインディアンが被っている帽子で羽根冠のこと。 スー族、シャイアン族、クロウ族などの部族の酋長やいくさの実力者が被ることを許されていた。 彼等は勇敢さを何よりも重んじていて、敵を殺すより、遥かに勇気を必要とする大胆な離れ技を成し遂げないと勲章を手に入れる事は出来なかった。戦いの帽子と呼ばれるウォーボンネットは、勇敢さを羽根で飾り、その勲章をたたえるものだった。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』

自由の女神  千葉TATTOO

IMG_0497

自由の女神のTATTOO  ブラックアンドグレイタトゥーのジャンル

自由の女神はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、フランス人の募金により1886年に造られた銅像。19世紀以来、世界各国から絶えることなくやってくる移民にとって新天地の象徴となっている。また、アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴。TATTOOのモチーフとして幅広く用いられる。

『ブラックワークの作品はこちら』